HOME>Column>インプラント治療を受けるなら得意としている歯科へ

インプラント治療を受けるなら得意としている歯科へ

インプラント

インプラント治療を受けた方が良い人

インプラント治療は、向く人と向かない人とがいる歯科治療だというのは事実です。どんな人に向くかと言うと、入れ歯がどうしても合わず、しっかり食べ物を咀嚼出来ない人、見た目が気になる人です。また、今ある自前の歯は傷つけたくないという人にも向いています。ブリッジなどは、抜けた歯に隣接する健康な歯まで削らなければいけなくなるからです。すべての歯が抜けたような状態も、インプラント治療に向いています。入れ歯では食事や会話などに不便を感じている人は、一度大分でインプラント治療を得意とする歯科医院を訪ねてみると良いでしょう。どうしても向かない人は、歯周病が重度の人や骨粗しょう症の人、なにかしら他の疾患が関係する人です。まずは状態を歯科医師が確認する必要がありますので、相談してみましょう。

インプラント

インプラント治療の内容

インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術です。その歯根を土台にして人工の歯を被せることで、しっかり自立した歯を固定することが出来るようになります。手術には1回法と2回法とがありますが、1回法は1度の手術で済む代わりに、細菌感染のリスクが高くなります。口腔内の状態によっては出来ない場合もありますので医師の判断が必要です。2回法は、1回目に歯根を埋め込む手術をして、歯根と骨が接合するまで3~6ヵ月待ち、2回目に歯を取り付ける準備をする方法です。時間と労力はかかりますが、安全性が高く様々なケースで対応出来る長所があります。どちらを採用するかは医師の判断にもよりますので、まずは大分のインプラント治療を行っている歯科医院へ行き、相談してみしょう。